2007年11月22日

野球肘になったらボールを投げろ

野球肘の治し方があります。シートノックなどには入れないですが、キャッチボールぐらいはできるでしょう。野球肘になったらボールを投げましょう。痛くないように投げましょう。肘を使わないように、体全体を使いながら投げましょう。で、肘が痛くないようにゆっくり投げましょう。痛くない投げ方が良い投げ方です。その癖を野球肘が治らないうちにつけましょう。
posted by ひじ at 07:12| Comment(38) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

野球肘の痛みにテーピング対策

野球肘の痛みにはテーピング対策がえぇーのではおまへんでっしゃろーか?野球肘にはなりたくはないやけど、一旦なってしもうたら、何とか痛みを和らげて、野球を続けるため、テーピングにて対策するのがえぇーのではおまへんでっしゃろーか。

野球肘って言うのは、ホンマにきついやよなぁ。特に中学生や高校生が野球肘になってしまうと、せっかく好きになりかけていた野球を嫌いになりかねないとゆうのが、いっちゃんまずいところやよなぁ。せっかくの野球人口の裾野を広げるチャンスを失ってしまうのやろから。中学校、高校時代に野球肘にならへんためには、やはり、しっかりと知識をもった指導者の存在が不可欠のはずや。せやけど、現状の指導者とゆうのは、中学校や、高校の教師が、授業の片手間で行うのが実情やよなぁ。先生には失礼かもしれまへんが、やはり、教師の片手間では、特に技術の指導は、ややこしいかもしれまへん。

まぁもちろん精神的な部分、組織の中でどのように生きていくかとゆうのは、しっかり指導できると思うんやけどなぁ。(それすらもでけへん教師が増えておると思うでぇけど・・・)テーピング対策とゆうのは、言わば筋肉を補強するためのものや。また痛みの原因は炎症やろから、テーピングを使ったからといって、痛みがなくなるわけではオマヘン。筋肉にてんご力をいれなくても、肘を曲げ伸ばしできるとゆうのがテーピング対策や。サポーター処置をすることで、炎症の促進を和らげる効果があるのかもしれまへん。
posted by ひじ at 19:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テニス肘の痛みにサポーター処置

テニス肘の痛みにはサポーター処置がいいのではないでしょうか?テニス肘にはなりたくはないですけど、一旦なってしまったら、何とか痛みを和らげて続けるため、サポーター処置がいいのではないでしょうか

テニス肘って言うのは、本当にきついですよね。特に中学生や高校生がテニス肘になってしまうと、せっかく好きになりかけていたテニスを嫌いになりかねないというのが、一番まずいところですよね。テニス人口の裾野を広げるチャンスを失ってしまうのですから。中学校、高校時代にテニス肘にならないためには、やはり、しっかりと知識をもった指導者の存在が不可欠のはずです。しかし、現状の指導者というのは、中学校や、高校の教師が、授業の片手間で行うのが実情ですよね。先生には失礼かもしれませんが、やはり、教師の片手間では、特に技術の指導は、難しいかもしれません。

まぁもちろん精神的な部分、組織の中でどのように生きていくかというのは、しっかり指導できると思うんですけどね。(それすらもできない教師が増えていると思いますけど・・・)サポーター処置というのは、言わば筋肉を補強するためのものです。また痛みは炎症ですから、サポーターを使ったからといって、痛みがなくなるわけではありません。筋肉を力をいれなくても、肘を曲げ伸ばしできるというのがサポーター処置の特徴です。サポーター処置をすることで、炎症の促進を和らげる効果があるのかもしれません。
posted by ひじ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
BANNER
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。